1. セキュリティソフトNAVI TOPページ
  2.  ›› ウイルス対策ソフトは常に最新アップデートを!

ウイルス対策ソフトは常に最新アップデートを!

メーカーのパソコンを購入したとき、たいていは最初からウイルス対策ソフトがインストールされています。しかしそれは体験版というもので、ずっと使い続けられるものではありません。ウイルス対策ソフトは新種のウイルスにも対応できるように常にアップデートを配信していますので、体験期間が過ぎればアップデートもできなくなります。

そこで、体験期間の終了が間近になったらライセンスを購入して常に最新の状態で使用しなければ本来のセキュリティの意味がありません。もちろん最初からインストールされているウイルス対策ソフトをそのまま継続しても良いですし、体験期間が終了したら、今度はまた違うメーカーのウイルス対策ソフトの体験版を試してみても良いでしょう。

ウイルス対策ソフトは初期設定で自動的に最新版へと更新されるようになっていますので、わざわざ自分自身で何かを操作する必要はありません。また、通常のアップデートではなく新しいバージョンを配信することがあります。

たとえば、○○セキュリティ2015というソフトが年末には○○セキュリティ2016という新しいバージョンになることがあります。その際には、ライセンス期間がまだあるようでしたら、○○セキュリティ2015から○○セキュリティ2016へのバージョンアップが無料で行えることがありますので、バージョンアップもきちんとしておくのも大切です。

とりあえず、期限が切れてしまったからといって、そのまま放置しておくことだけは控えるようにしましょう!