1. セキュリティソフトNAVI TOPページ
  2.  ›› ウイルス対策ソフトを入れておけば安全?

ウイルス対策ソフトを入れておけば安全?

「ウイルス対策ソフトを入れれば安全か?」と聞かれれば、「安全」だと答えることができますが、決して「完全」ではありません。

ここではウイルスにはどのようなものがあり、そしてウイルス対策ソフトを入れることによる安全性について考えてみたいと思います。

年々ウイルスは知らないうちに混入していることが多くなっています。そのためウイルス対策ソフトを入れることで、入れていないときに比べると格段に防御策が増すことになります。特にインターネットを使用するのが自分だけでなく、子どもや他人も使用することがあるのならば、自分の気がつかないところでウイルスが入り込んでしまう可能性が増すことも考えられます。

どんな風にウイルスが入り込むの?

一般的にウイルスが入り込む原因で最も多いとされているのが、ダウンロードした実行ファイルをクリックしてインストールしたときです。また、P2Pと呼ばれるファイル共有ソフトを使用してダウンロードしたり、何かとダウンロードを促す海外サイトや、良くわからないメールに添付されたファイルを開いてしまったりなどです。国内サイトの利用においても、あらゆるウイルス被害に遭ったという報告がされています。

その他にも、インターネット経由ではなく、外部のパソコンからデータを移したときにウイルスが混入してしまうことも有り得ないことではありません。

やっぱりセキュリティ意識は大切!

まだまだウイルスの感染経路というのは数多くあるのですが、これらを即座に発見し対応するのがウイルス対策ソフトの役割なのです。

現在もリアルタイムで進化したウイルスが存在し、これまでも星の数ほどのウイルスが存在してきました。過去のウイルスはもちろんのこと、新種のウイルスにも対応できるように各セキュリティソフト会社は頻繁にアップデートを配信しています。

セキュリティソフトを入れれば100%完璧とは言い切れませんが、当サイトで紹介しているウイルス対策ソフトであれば十二分な役割を果たしてくれることでしょう。

セキュリティNAVIおすすめのウイルス対策ソフトはこちら