1. セキュリティソフトNAVI TOPページ
  2.  ›› ウイルス対策ソフトの比較・選び方

ウイルス対策ソフトの比較・選び方

パソコンの安全のためにもウイルス対策ソフトを入れたいけれど、セキュリティソフトにはいろいろあるみたいだけど、どれにしたらいいのか迷いますよね。それに何が違うか良くわからないっていうことだってあるかもしれません。

値段が高ければいい、無料ソフトだけに絞る、パソコン購入時に体験版が入っていたからそのまま継続・・・これらはウイルス対策ソフトの比較・選び方として正直あまりおすすめできません。セキュリティソフトにも「性格」があるのです。

数あるセキュリティソフトですが、それぞれ機能や価格が異なります。そのため、まずは体験版を使用して試してみるのが一番良いと思います。そしてここではウイルス対策ソフトの比較・選び方について考えてみたいと思います。

まずはパソコンのスペックを考慮して比較する

各セキュリティソフトには推奨する「動作環境」というのが書かれているのですが、たとえばCPUが1.5GHz以上とかメモリーは1GB以上といた内容です。しかし、これを見ても何のことかわからない場合は、少なくも近年パソコンショップや家電量販店で一般的に売られているパソコンであればたいてい問題ありません。

昔はセキュリティソフトを入れるとパソコン作業が重たくなることが懸念されることもありましたが、OSがWindows Vista以降、特にWindows7以降の一般的に販売されているメーカーパソコンの場合は特に心配することはありません。それにスマートフォンやiPhone、タブレット用のセキュリティソフトもあります。

しかし、これらより古い型のパソコンや普段から調子の良くないパソコンを使用されている場合は、やはり導入するセキュリティソフトを絞って選んだ方が良いと思います。パソコンへの負担が少ない軽量型のウイルス対策ソフトを選ぶようにします。

ウイルス検出率を重視して比較する

当サイトでご紹介しているウイルス対策ソフトはどれもウイルス検出率が上位クラスのセキュリティソフトです。国際的にも有名な第三者機関AV-Comparativesという各セキュリティソフトのウイルス検出率や誤検出、動作の快適性などを比較している機関でも上位ランクしているソフトです。その中でもより強力に検出できるウイルス対策ソフトを選定します。

安定性が良く知名度のあるソフトを選ぶ

有名なソフトを入れておけば大丈夫!っていうわけではありません。最初に記述しましたように、セキュリティソフトには「性格」があります。やはり使いやすさやパソコン環境に合ったものが一番です。その中でもバランスがとても良く人気があるウイルス対策ソフトを選びます。

ファイアウォール機能付きかどうか

セキュリティソフトにはウイルスを検出して退治する機能(アンチウイルス)のみと、それにプラスしてファイアウォール機能が備わっているものがあります。ファイアウォール機能が付いているとプログラムがインターネットを通して勝手に送信したり受信したりするのを検知します。これはOSに組み込まれているファイアウォールよりも強力なもので学習機能が備わっていたりします。

その分、パソコンにかかる負担が増え、ウイルス対策だけのものより値段も高めになっています。より安全性を考えるとファイアウォール機能が備わったものが望ましいですが、ウイルス対策のみのアンチウイルスソフトを入れておくだけでも十分な役割を果たしてくれますので、できるだけ値段が安く、そして軽量なことを考えればアンチウイルスソフトを入れておくだけでも十分かと思います。

値段と機能性というのも、比較のひとつになるのではないでしょうか。お財布とも相談し、余裕があればよりセキュリティ強化という意味で、ファイアウォール機能が備わったものを選ぶと良いと思います。