1. セキュリティソフトNAVI TOPページ
  2.  ›› ウイルスによる不正送金被害

ウイルスによる不正送金被害

ネットバンクなどネット上の金融機関の利用者をが注意したいウイルス被害として、インターネットブラウザに不正な画面を表示させて預金を抜き取るような、お金に関わる被害に遭う事例があります。

たとえばログイン後にポップアップでパスワードの入力を求められたりします。そして気が付いたときには残高が減っているのです。こういった不正送金被害が増えていますので、万一このような被害に遭ってしまった場合は、すぐにネットバンクのサポートセンターに被害を報告してください。

金融機関を狙ったウイルスの手口というのはどんどん悪質化しています。被害に遭わないためにも、ネット上の金融機関を利用している方はセキュリティソフトを導入し、ウイルス対策をしっかりしておくようにしましょう。

また、振り込み限度額を低めに設定しておくことや、講座から出金があった際にするわかるように、携帯電話のメールアドレスを登録しておいてメールで知らせるようにしておくなどの、利用者自身もセキュリティ意識を高めておくことは大切なことだと思います。

セキュリティNAVIおすすめのウイルス対策ソフトはこちら