1. セキュリティソフトNAVI TOPページ
  2.  ›› ウイルスかも!?ウイルス感染の疑いがあるケース

ウイルスかも!?ウイルス感染の疑いがあるケース

画面上に何かが現れたり、タスクトレイに見覚えの無いものが常駐していたりと、見てすぐに異変に気づくものであれば対処も早急に行えますが、ウイルスには見た目すぐわかるものと、まったく気づかないようなものがあります。特に後者の気づかないウイルスは悪質な被害に巻き込まれやすくなります。

とりあえず確認してみよう!

何もソフトを起動していない状態でタスクマネージャーを起動します。タスクマネージャーの出し方は、キーボードで「Ctrl + Alt + Derete」キーを同時押しするとタスクマネージャーを起動させる画面が出てきます。(Windows8なら「Windowsキー + X」でも可)。また、デスクトップ画面の一番下のタスクバーで右クリックしても出すことができます。

そしてタスクマネージャーの「パフォーマンス」のタブでCPUの数値を確認してみてください。何もソフトを使用していない状態でCPU使用率が70%~100%だったらウイルスが影で動いている可能性があります。何も作業してないのにいつもよりパソコンが重たいと感じたときもチェックしてみてください。また、ネットワークが以上に使用されていたり、メモリがいつも以上に高い場合も疑いがあります。

↓Windows7のタスクマネージャー

↓Windows8.1のタスクマネージャー

例外もありますので注意!

中にはパソコンが重たくなることなくウイルスが稼動するケースもあります。その場合は本当に気づきにくいので、やはりウイルス対策ソフトの力を借りた方が断然安全です。特にスペックの高いパソコンであれば、ウイルスが動き出してもまったく重たくならないことが考えられます。

セキュリティソフトの公式サイトでは「オンラインスキャン」というものを無料で行っているところがありますので、もしセキュリティソフトを入れていない場合は、まずはオンラインスキャンを試みてみるのも良いですし、できれば体験版を導入してしっかりとウイルススキャンし、保護させることをおすすめします。

セキュリティNAVIおすすめのウイルス対策ソフトはこちら